ホームページビギナーズ

トップページHPの基礎知識HP作成の必需品HP構成のポイント@HP構成のポイントAお問い合わせ



ホームページ構成のポイント@

見やすく分かりやすいホームページにするために

統一感のあるページデザイン

自動生成されたり見よう見真似で作ったホームページでは一貫性がなかったり、形式的で味気ないホームページになりユーザーに不安感を与えたり、物足りなさを感じさせてしまいます。
ホームページのデザインを統一することで会社や商品の信頼感や安心感を引き出してくれます。

ターゲットユーザーを意識したデザインにしたり、ターゲットユーザーの年齢層や男女比や嗜好性などを十分考慮することで、デザイン面からもホームページの効果をあげることができるでしょう。


Web制作の作法

Web制作の上でも作法というものがあります。
これを無視すると、閲覧する人たちの接続環境やソフトウェアなどの違いによって意図するものとは異なった結果を招いてしまいます。
本来の Webの理念から遠く外れたものとなり、嫌われてしまう可能性が多いようです。
本格派を目指すためにも、作法を身につけてしっかりしたホームページを作りたいですね。

 

Web制作に求められる4つの要素

Webの歴史や現状を見ていくと、Web制作に求められるいくつかの要素があるようです。
これら4つの基本要素をいかに取り入れるかが、作法に沿った Webページ作りのポイントとなります。


コンテクストデザイン(文書の論理構造)

ユーザビリティ

ビジュアルデザイン

アクセシビリティ

直感的にわかるインターフェイス

押せそうで押せないイメージがあったり、ボタンなのに押されにくいイメージではユーザーは戸惑ってしまいます。ボタンやリンクは押せることが分かりやすいイメージにしたり押しやすいイメージにし、直感的に分かりやすいインターフェイスにすることは基本的なことであり、また重要なことでもあります。

 

分かりやすいサイト構成

見せたい情報をただ羅列しただけのホームページになっていませんか?
ユーザーをホームページの目的のコンテンツへスムーズに誘導するためにサイトの構成を考えます。
最も伝えたい内容が明確に伝わるレイアウト・ページ構成をすることでホームページの目的を達成する流れをホームページの構成で実現します。

 

コンテクストデザイン

コンテンツのコンテクスト(論理的な文書構造)を記述します。
HTMLのもっとも基本的な機能で、仕様書に則った構造を記述することによって、アクセシビリティを高めることができます。
論理構造とは、文書の構成要素に正しくマークアップすることにあります。構造とは、文書の中で示される、「見出し要素」、「段落要素」、「リスト要素」「表組要素」など、文書中で明確に区別される要素の集合です。

使いやすいホームページにするためにナビゲーションをつける

 

複雑なホームページ構成であったり、情報量の多いホームページではユーザーが自分の位置を見失ってしまうことがあります。
ナビゲーションをつけることでホームページの中でユーザー自身の位置を分かるようにします。

 

インターフェイスの工夫

分かりやすいインターフェイスでメニューを構成したり、どこのページにいても常に同じようにインターフェイスを表示させたりすることでユーザーは直感的にホームページの中を移動することが出来ます。

 

システムを導入

ユーザーが問合せや商品の購入のアクションをする時に、問合せフォームやショッピングカートのシステムを準備しておくことはユーザーのアクションをスムーズにします。また、ホームページの目的を達成するために不可欠な要素になる場合があります。

 

recommend




Last update:2019/7/11

Copyright c 2008 ホームページビギナーズ. All rights reserved.